月夜ばかりと思うなよ

解説:「月夜ばかりと思うなよ」の意味とは

現代は街灯やビルの明かりで夜も明るいですが、昔は街灯が無く、夜道を歩く際は月の光が頼りでした。
しかし月は満ち欠けしたり、雲がかかったりします。
月がない新月の夜や曇った夜は夜道が暗くなってしまいます。

「月夜ばかりと思うなよ」とは言葉通り受け止めると「暗い夜道に気をつけろ」という意味になります。

また、夜討ちといって、暗い夜道は人を暗殺したり誘拐したり、襲うのにぴったりです。
「暗い夜道に(夜討ちに合わないように)気をつけろ」
=「夜突然襲われないように気をつけろよ」
と転じて、
「月夜ばかりと思うなよ」とは、
「暗い夜に襲いに行くぞ」という脅し文句の洒落た言い方です。

被害者の友人が言う「月夜ばかりと思うなよ」

ふうん。あくまでしらばっくれるおつもりなんですね。
確かに証拠も無く、目撃者の記憶も頼りない。
あなたの意見は通るかもしれませんね。
そう、そう。それじゃあ、あの子に泣き寝入りしろってこと。
はあ。埒があきませんね。今日のところは良いでしょう。お帰りください。
ふむ。あなたにご忠告を一つ。
お天道様が暮れた後は、月夜ばかりではありませんよ。
帰り道、どうぞお気を付けくださいね。あら、雨が……。

アウトローな親分が言う「月夜ばかりと思うなよ」

おい、やめろ。餅つきみてえに殴っちゃおっ死んじまう。
はは。お兄さんも若えのに頑固な御仁だ。縫ったぐれえに口が堅い。いっそ、針と糸持ってきて縫っちまいましょうかね。
おい、冗談だよ、笑え。
一人で気張ったって、もうどうにもなりゃせんよ。
お天道様の下歩くにゃあお兄さんは知りすぎた。
夜に紛れようったって、月夜ばかりじゃございやせん。
今ここで吐いちまった方が身のためでさあ。

雑魚が言う「月夜ばかりと思うなよ」

なあなあ、お兄ちゃん、ちょっと金貸してくんね?
かっけぇブランドもん持っちゃって、お金あんでしょ?
貧しい俺らに慈善の寄付ってことでさ。いいでしょ?
ほら、財布出して。札、何枚入ってる?
ぐっ……はあ!?(殴られる)
何すんだてめえ! おいお前らやっちまえ……って、平気か、ヨっちん、ピンやん!
くっそ! 逃げんぞ!
名刺スったかんな! 覚えとけよ! 月夜ばかりと思うなよ!

#しなりおやさん のタグをつけて投稿しよう!

当サイトのシナリオは利用規約の範囲内で無料利用可能です。
「#しなりおやさん」のタグをつけて、音声投稿や配信のネタ、演技練習やボイスサンプルのシナリオなどにご利用ください!
詳しいクレジット表記、利用報告は不要、改変も可能です。
表記いただける場合は以下をご利用ください。

サイト しなりおやさん https://scenario-yasan.com/
ツイッター @scenarioyasan
作者 石津度々 @doudouishizu

シェアはこちらから

おすすめ