タグ: 老人

興が冷めたわ

宴席で偉い人が

皆の者、日頃の献身ご苦労であった。

飯も酒も十分に用意した。今宵は無礼講じゃ。

楽しむが良い。

ん? なんぞ急ぎの文か。

良い良い。宴の裏で仕事をするものは後で別に褒美を出さねばな。

なになに。ふむ、ふむ、なっ。

ふぅ。興が冷めたわ。わしは下がる。

後のこと、頼むぞ。宴は皆で楽しむが良い。

さて、どうしたものかの。

短尺

ふぅ。興が冷めたわ。わしは下がる。

後のこと、頼むぞ。宴は皆で楽しむが良い。

さて、どうしたものかの。

シェアはこちらから

たたりじゃ、たたりじゃ

村の長老が言う「たたりじゃ、たたりじゃ」

もし、どうしたんじゃ、そこな童は。
眼も爪も真っ赤に染まって、獣のにおいがまとわりついておる。
よもや、おぬし、禁を破って山の祠に入ったのか。
この痴れ者が!
いかん。いかんぞ。村の衆、塩と湯を持ってまいれ。ありったけじゃ!
この童はわしの家へ。若い衆は近づくでないぞ。穢れが移る。
たたりじゃ。たたりじゃ。大神様がお怒りじゃ。
森が騒いでおる。皆、覚悟せい。今宵は眠れぬぞ。

悪役が悪神の降臨に際して言う「たたりじゃ、たたりじゃ」

さようでございます。勇者様。
この封印を壊せば伝説の宝剣があなた様のもの。
恐るるには足りません。勇者たるあなた様にこそ宝剣を得る資格がある。
さあ。さあ。いざ!
おお、おお、封印が解かれてゆく。
おお、おお。はは、ふはははは!
騙されたな勇者よ! きゃはははは!
たたりじゃ。たたりじゃ。たたり神様のご降臨じゃ!
世界がたたりに満ちていく。ことほぎたまえ、たたりの渦に世界は堕つ!

シェアはこちらから